Top

はじめまして。徳島市を拠点に、夫婦で活動しているフリーランスクリエイターチームMatt Creativesです。

夫のマツミヤカズトはイベントブースデザイン、ミュージックビデオ監督、音楽活動、グラフィックデザイン、時々コラムニスト。妻のアサミヤカオリはイラストレーター、映画コラムニスト、(ゾンビ)似顔絵師、マンガ家としてお互いにマルチに活動しています。

二人ともいろいろと手を出しすぎなんですが、幅広く活動することで様々なつながりを得ることができ、日々忙しくも楽しく活動させていただいております。

マツミヤカズト

フリーランス中のフリーランスにして究極の器用貧乏。大学卒業後、ゼネコン設計部、イベント制作会社の空間デザイナー等を経て2015年に独立。2018年、結婚を機に拠点を大阪から故郷の徳島に移し、完全リモートワーク生活を得た。一児の父。猫派。


イベント空間デザイン業務では政府系インバウンド向け海外案件を中心に活動しながら、音楽活動、ミュージックビデオ制作、コラム執筆など、持ち前の「とりあえず適当になんでもやってみる」精神でフリーランス街道爆進中。
 
徳島・香川を中心に活動するバンド「GEEK! GEEK! GEEK!」ではギター・作詞を担当。またバンドマン向けのちょっと辛辣なコラムをバンド公式サイトにて連載中。

使用ソフト
2D: Adobe Illustrator, Photoshop  3D: Vectorworks, Sketchup, Kerkythea Movie: Adobe Premiere pro, AfterEffects

できること

ミュージックビデオ脚本・演出・監督/CDジャケットデザイン/フライヤー・ポスター等印刷物のデザイン/コラム寄稿/イベントブースデザイン(企画・図面・3Dパース)/イルミネーションデザイン

 

お仕事以外の活動

徳島・香川を拠点とするデジタルポップバンド「GEEK! GEEK! GEEK!」のメンバーとして活動しております。

GEEK! GEEK! GEEK! official website
Transformed Pop Organization -自在に変態するポップミュージック組織-

バンドマン向けの辛辣コラムが好評いただいております。(曲ちゃうんかい。曲もいいっすよ)

バンドマンはどこへ消えた?
どうもどうも。どぅ〜もどぅ〜もどぅ〜も。「のうがきたれお」こと、GEEK! GEEK! GEEK! のマツミヤカズトです。ちょっとした豆知識ですが、毛量が多めです。さて、僕とちくげ は(ちくげが断固として主張するところの)「30前後」の年齢
「大きな言葉」ほど伝わらない
ご無沙汰しております。GEEK! GEEK! GEEK! の「話しかけづらい人」担当のマツミヤカズトです。2019年に入ってから異常に忙しくさせていただいておりました。いろんな人からこのコラムについて「読んでます!」「楽しみにしてます!」な
なぜ、ありきたりな歌詞を書いてはいけないのか?
初回から非常に好戦的なタイトルで申し訳ありません。GEEK! GEEK! GEEK!の「ややこしい思想」担当のマツミヤカズトです。恐れ入ります。さて、タイトルの通り、記念すべきコラム第一弾は「歌詞」について普段考えていることをさらけ出したい

アサミヤカオリ

ドラッグストア店長として勤務しながら趣味でイラストを描いていが、それを活かした仕事をしたらどうかと夫にそそのかされ2017年よりフリーランスイラストレーターとして活動を開始。2018年より夫の故郷徳島市に移住。自宅で仕事をしながら今年生まれた息子の育児に追われる日々。
 


 
日常を描いたエッセイコミック「マンガのネタになると思えば大体のことはオッケー」や「徳島カルチャーショック日記」(徳島フリーマガジンawap webにて連載中)などのショートコミックや、独特なタッチの似顔絵制作、また依頼者をゾンビに変身させる「ゾンビ似顔絵」などを制作している。

 
また、映画イラストレビューブログを運営しており、filmarks等の映画情報サイトへの寄稿も多数。
2017年、TBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」の視聴者プレゼント用イラスト制作を担当。

できること

イラスト制作(雑誌挿絵・CDジャケット・イベントポスターなど)/LINEスタンプ制作/映画レビューイラスト制作・寄稿/商品の感想エッセイショートコミック/日常エッセイショートコミック/似顔絵制作/ゾンビ似顔絵制作
アサミヤカオリ個人サイト
 
映画レビューブログ

実績例

イラスト
エッセイショートコミック
似顔絵・ゾンビ似顔絵
 
映画レビューイラスト・記事

■ハウスジャックビルト

映画『ハウス・ジャック・ビルト』レビューとイラスト※ネタバレなし
こんちゃ!アサミヤです。今回ご紹介するのは6月14日公開、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』や『インフォマニアック』シリーズのラース・フォン・トリアー監督最新作『ハウス・ジャック・ビルト』。サイコキラーが12年の間に大量に殺人を犯し、自らの家を

配給会社からの依頼を受けて制作いたしました。

『ハウス・ジャック・ビルト』×TAKUMI、雪下まゆら13組のコラボイラスト
ラース・フォン・トリアー監督の映画『ハウス・ジャック・ビルト』とイラストレーターによるコラボレーションイラストが公開された。 6月14日から公開される『ハウス・ジャック・ビルト』は、1970年代のアメリカ・ワシントン州が舞台。建築家になる夢を持つハンサムな独身技師ジャックが、あるきっかけからアートを創作…

■アナと世界の終わり

『アナと世界の終わり』レビューとイラスト ※ネタバレなし
こんちゃ!アサミヤです。久しくゾンビものをレビューしてなかった自称ゾンビ好きですが、5/31に公開される新感覚ゾンビ映画『アナと世界の終わり』の試写会にお声掛けいただきました!いやぁ、ありがたい。試写会にお呼ばれする度に、映画ブログを続けて

配給会社からの依頼を受けて制作いたしました。

紫吹 淳「卒業後の将来に悩む学生必見!」。映画『アナと世界の終わり』著名人からの絶賛コメント&イラストが到着 | 【es】エンタメステーション
5月31日(金)より全国順次公開される、映画『アナと世界の終わり』。この度、本作をひと足先に鑑賞した著名人より、熱烈な応援コメントとイラストが到着した。 世界各国のファンタスティック映画祭で上映され、映画ファンの心を鷲掴 …

他のイラスト・記事についてはこちらから

お仕事のご依頼・お問い合わせはこちらから

ご依頼を受けて様々な案件をお受けしております。
お気軽にご依頼・お問い合わせくださいませ。

ご依頼内容に合わせてお見積もりをお送りします。
ご依頼内容・お見積もりについて合意が成立次第制作に取り掛からせていただきます。

ご依頼主様との信頼関係を大切にお仕事させていただいております。
トラブル回避の為に以下をご一読ください。

ご不明な点・ご相談等がございましたらお問合わせ下さいませ。

  • 契約書がある場合は、なるべく発注時にご呈示いただけますと幸いです。
    納品後の契約書提示はトラブルの元となりますのでお避けください。
  • 制作物の著作権は基本的にMatt Creatives が所有しております。
  • 納品後、基本的にはご自由にお使いいただけますが、改変を行われる際はご連絡・ご確認をお願いいたします。
  • 納品した制作物は作品履歴として掲載させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。 

 

 

Matt Creatives

マツミヤカズト

アサミヤカオリ

info@mattcreatives.com

プライバシーポリシー

スポンサーリンク
mattcreatives.com
タイトルとURLをコピーしました